ラダーグリップ背面の特徴

特徴的な背面の溝
「抜ける」方向への防滑性能に特化

大胆に配列した背面の溝が指先にしっかりフィット。「クラブが抜ける」方向への防滑性能に特化させました。
多くのアマチュアゴルファーは「抜ける」ことへの恐怖心から、グリップを必要以上に強く握ってしまいます。
LADAR GRIPは視覚的に「抜けにくい」と感じさせるデザインにすることで、「安心して力を抜いて握れる」ことを追求し開発しました。

ラダーグリップの背面の溝

プレイヤーの目線に配慮したデザイン

ブランドロゴを背面に配置し、ゴルファーの目線に入らないように配慮しました。また、「スクエア」の位置を示す目印を◆◆として、付近の溝と類似させ、目立たないようにしています。
ゴルファーの集中を妨げないようにするためと、ウェッジなどフェイスを開いて 使用する場合でも、見た目の変化がほぼありません。

バックラインを意図的にずらして挿入しても
見た目の変化がないようなデザイン

ラダーグリップは溝の配列にもこだわっています。2種類の溝を縦方向には交互に規則的に配列。横方向は、1点1点ランダムに配置。不規則に配置することで、金型のつなぎ目を感じさせなように工夫しています。

ラダーグリップの断面図

ラダーグリップのアドレス時のグリップの見え方

規制概念にとらわれない。
自身の握り心地に合わせた挿入方法を追求。

スクエアの位置が正しいとは限りません。個々の好みに合わせ、
「落ち着く位置」をお探し下さい。ラダーグリップはバックラインの
位置をずらして挿入しても違和感なくアドレスすることができます。

ラダーグリップの多様な挿入方法

クラフトマンと仕上げる理想のグリップ

ラダーグリップは挿入する方法で様々に変化します。ご自身の握りにフィットする理想的な状態でグリップを仕上げるには、クラフトマンの専門知識と経験が不可欠です。是非マイクラフトマンをお探し頂き、ゴルフライフのパートナーとしてお付き合い下さい。あらゆるゴルフギアに精通したクラフトマンが「新しいゴルフの楽しみ」を提供してくれると思います。

取扱店舗 COMING SOON